ヘアスタイルにおけるトレンドキーワードってお客様にとって大事ですか?

IMG_5210.JPG

新宿は曙橋にあるヘアサロンrollant松原尚輝です。

いつもご来店いただいている皆様ありがとうございます。

さて、2015年も残すところ1.5ヶ月。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は2015年によく聞いたワードをおさらいして過去(トレンドのようなもの)を振り返ってみましょう。

僕はとにかくこのトレンドキーワードに対しては「ふーん。。へー。」というテンションでいます。


特に2015年秋冬で言えば「○○➕○○=○○○○」みたいな造語をよく見かけましたね!


ここで3つキーワード例をあげてみましょう。

ロブ

「ロング➕ボブ=ロブ」

ボブより少し長めのボブシルエットのヘアスタイルのこと

長さの目安としては、肩を基準に2~5cmほどの長短があるものです。

長さの名称ですが、基本曖昧です


それから

ボブディ

「ボブ➕ミディアム=ボブディ」

ボブとミディアムの間の長さのヘアスタイルのことを指します。

そうです。ロブとの区別が曖昧です


そして

グレージュ

「グレー➕ベージュ=グレージュ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーリングの名称造語で少しくすんだ薄茶色です。

んーーまあ、、そうなのか。グレージュねぇ。


見ていただければおわかりになるかと思いますが、ヘアスタイルにおけるトレンドキーワードは現役バリバリ美容師ですら基本曖昧なワードと感じてしまいます。


そんな時いつもこう思います。

シンプルにいこうよ!な!

これに限ります。

トレンドキーワードを否定しているのではないのです。


キーワードはあっていいのですが、キーワードを意識するあまりお客様に上手く伝わらず「?」になる事が危険なのかなーと。

お客様にシンプルに伝えて、お客様の気分を汲み取って、今という時代にマッチしたデザインを提案する。=お客様1人1人のトレンド

のような気がします。


そういった事を踏まえれば、美容師としてトレンドキーワードは知っておく必要はあるのでしょうね。

過去を知り、今を知ることで、提案する幅が広がるという事も事実。

キーワードに振り回されない、お客様にベストな提案を心がけたいですね!

というポエムです。

それでは今週も楽しんでいきましょう〜


お後がよろしいようで

ご予約はこちら

03 6380 4031

rollant

営業時間:10:00〜20:00

定休日:毎週月曜日



IMG_5210.JPG

online shop

rolland O-WAYの商品がオンラインでご購入いただけます☺︎ 4000円以上で送料無料!ポイントも貯めてお得にお買い物ができます☺︎

ABOUTこの記事をかいた人

松原 尚輝

rollant. Director。 岡山県でヘアサロン1店舗を経て、上京。ヘア&メーキャップを学びSHISEIDO THE GINZA BEAUTY BOOST BARでヘアメイクスタイリストとして勤務後、現在のヘアサロンrollantへ。 サロンワークでは【カラーリング】にこだわっており、白髪染めを明るく染めることを得意としております。毎日がやりやすく気分の上がるヘアスタイルをお客様と一緒に探してご提案いたします! 趣味は国際情勢国際情勢にまつわるニュースを読むこと。 ロイター、WSJ、日経電子版 2人の娘と愛犬にゃろめと戯れるのが癒しです。